『注文住宅 ハウスメーカー 比較』

スポンサードリンク


ハウスメーカー選び

   当サイト『ハウスメーカー 比較』では、注文住宅を手がけている人気のハウスメーカーを
   比較してご紹介しています。業界歴25年の私の感想も付け加えています。
ffggheader.jpg
-  |  次の3件 »

公共サービスで選ぶ「住みたい地域」




行政のサービスには格差がある。住みやすい条件を考えておくのも住宅選びの要件の1つです。

人によって大きく異なる快適性

住まいの立地環境における快適性というのは、人によって考え方が異なります。交通の利便性1つを取り上げてみても、勤務地への時間の短さを最優先する人もいれば、子供の学校への時間や距離のほうが大切と考える人もいるでしょう。優先するのは「交通の便」、あるいは「買い物のしやすさ」であったり、「学校や公共機関への行きやすさ」や「緑地の豊かさ」、また、「水のおいしさ」という人もいれば、「公共料金の安さ」を挙げる人がいるかもしれません。日常生活を送るにあたっての快適性の高さというのは、その測り方・重点の置き方により、人それぞれで大きく違ってきます。そこで、自分にとつて必要な快適要素に順位をつけ、可能な限りそれを満たすようマイホームを探すことが重要です。

自分にとって不可欠な公共サービスは何か?
 

交通の利便性や買い物のしやすさなどは、自分がその願望に近づくように立地を探し求めれば、ほぼ納得がいくマイホームを取得することができます。ところが、公共サービスのほうは探したからといって都合よく願望に近づいてこないものが少なくありません。水のおいしさや公共料金、下水道の普及率などは自治体の力量によって決まり、各出張所も便利だからといって、あちこちにつくるわけにいかないのが現実です。ですから、公共サービスを最優先してマイホームを探す、というわけにはいかないでしょう。それ以前に優先しなければならないことがたくさんあるからです。そこで「自分にとって外せない公共サービスは何か柏をあらかじめ考えておき、欠かせない要件として上位にランクさせておかなければなりません。


恐ろしい!!近隣トラブル!!

2sefgasgaeg.bmp


最近よく耳にするのが「地区計画」「建築協定」などといった言葉です。これはその住宅地の環境が悪くならないように、近隣同士でいろいろと取り決めようというものです。たとえば、隣地境界線からあまり離さず、ぎりぎり一杯に家を建てると、隣家同士でトラブルになるケースが多々あります。音の問題や臭いの問題はその筆頭でしょう。しかし、ある程度の距離を保てば、そういった問題も少なくなります。また、最近の住宅地は、夏の気温」こ昇が激しくなっています。しかし植樹などをしていれば、気温上昇をかなり緩和できるため、住宅地全体で植樹を取り入れよう、などと取り決めることができます。


見栄えのいい住宅地は土地の値段が上がる
家同士の距離がある程度離れてゆったりとし、緑が多く、外観センスのいい家が多い住宅地のほうが、住宅地としての価値は高くなります。価値が高いということは、人気があるということ。それはすなわち、売るときも売りやすいということです。そういうところは、土地の値段も上がる傾向が高く、そこに住む住民にとって好都合となる場合が多いのです。


欧米の中古住宅が高額なのはなぜ?
日本では、家屋の売買価格は非常に低く、20年も経つと、どんなにきれいな家でもほとんど値段が付きません。ほぼ土地だけの値段で売買されているのが現状です。しかし欧米では、日本とは比べ物にならないほどの高い金額で売買されています。それはいろいろな理由がありますが、一つには、日本人は自分勝手な家づくりをしており、欧米人のように住宅地全体のことを考えていない、というのが原因にあるようです。


●住宅地の価値を高める家づくり
ヨーロッパなどでは、「住宅地の景観を保つため、この中古住宅の外観はリフォームできません」とか「この住宅地で家を建てる場合、外観の色は必ずこういう色を主としてください」などという取り決めがよくあります。諸外国の住宅事情に精通している人にとっては、それが当たり前のことなのですが、日本にしか住んだことのない人にとっては、「自分の家なのに、なぜ自由にできないんだ」と思う方が多いでしょう。しかし、隣家との距離を保つ、景観を保全する、外観を合わせる、などということは、住宅地内でのトラブルを減らし、住宅地の価値を高める、という住民にとって非常に有意義な意味があるのです。


「景観法」施行により日本はどうなる?
2005年に「景観法」が施行され、景観に対する規制が帙しくなりました。景観法は、それまで条例などにより自治体が独自に設けてきた規定に、法的な根拠を与えるもの。これにより、景観形成における住民参加がより明確に制度化されました。これまでは自分勝手な家づくり、街づくりがなされてきたわけですが、この法律ができたことにより、その土地の風土をうまく生かした地域づくりに向けて意識改革がはじまりました。その成果は自治体や住民が積極的に参加するかどうかで、大きな差が出ることでしょう。家を購入する際には、その自治体や住民の景観に対する意識の向け方にも注目する必要がありそうです。



予算が少ない人に土地勧の流動め化、経の済発展「の定ために期改正さ借れた地借地借権家法。」果たしてそのメリットは?マイホームの買い時と大きな魅力を考えるマイホームなんて夢のまた夢!? 確かに高い買い物ですが、ここ数年は買う側に有利な状況が続いています。その現況を大まかに見てみましょう。これは極めてオーソドックスな発想ですが、今の情勢だから実現可能な積極的な考え方だと言うことができます。しかし、この考え方を裏返すこともできなくありません。つまり「家計が不安だから無理するのは危険。今買える家を買って、余裕が生まれたら買い換えよう」というように。これが買い換え派の皆さんの代表的な意見と言えそうです。両者ともに資金や税金面への目配りが大事金融・税制の内容は、毎年見直されています。新制度を常に追いかけていくのは大変ですが、優遇措置というのは申告制ですから、黙っていては得るものもありません。損することのないよう、永住派は「特例適用住宅の基準」や「贈与税の選択」などに、買い換え派は「特別控除や課税の特例」および「買い換え特例」に注目しておきましょう。



「フラット35」は本当に使えるのか?【スーパー8】

wertqwetq3t.bmp

スーパーフラット35S



住宅金融支援機構は民間ローンの支援が主力

●軸足を民間支援に移した支援機構 
住宅金融支援機構が主な業務とするのは大きく2つです。1つは従来の個人融資に代えて銀行ローンをバックアップする仕組みを導入したこと。具体的には下記の「フラット35」です。そしてもう1つが民間の手が届きにくいところに対する融資です。耐震リフォームや高齢者に対する特例、および災害復興住宅融資などがそれにあたります。間口は狭くなりましたが、先行スタートしたフラット35は着実に人気を高めており、機構の新方針はまずまず成功しているといってよいでしょう。

●証券化住宅ローン「フラット35」
フラット35には、従来の公庫融資ほど詳細な要件はなく、しかも完全固定金利というものです。貸し出すのは民間の金融機関で、機構はその債権を買い取る仕組み。このため、金利などは取り扱う金融機関によって異なります。フラット35は公的ローンではなく、あくまで銀行口−ンの新しいかたちなのです。

完全固定金利で低金利がウリ
このフラット35のメリットは、貸し手にとってより有利な融資が可能になるということです。民間金融機関によるローンの債権を機構が買い取るという仕組みとなっているため、実質的に機構がリスクを背負ってくれるのです。惜りやすさという点でも、通常の民間の商品よりは優れています。
 
そして、目玉はなんといっても完全固定金利型という点で、なんと最長35年問の全期間、完全固定金利という環境を実現しています。 1.460〜2.080%という固定金利は最大のウリと言えます(返済期間21年以上/令和1年5月時点)。もう少し説明しておきますと、金利は金融機関が独白に決めるため、同じ商品であっても条件が異なってきます。返済期間中の全期間が固定金利となるのが原則ですが、一部の金融機関では従来の公庫融資のように11年目から金利が上がる2段階式を採用しているところもあります。

タグキーワード
-  |  次の3件 »

希望条件を登録しておけば、非公開物件などが、随時届きます!!

成功する家づくりは情報収集から!!

Copyright © 『注文住宅 ハウスメーカー 比較』 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート